読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

SHOCKロスから考える現場の必要性2

つづき行きます。

 

・おっさんJr.

ここがやっかいだと気づいた。現場の有無3段活用。

(少)生田斗真(ドラマ映画)

    ↓

  風間俊介(ドラマ舞台)

    ↓

(多)屋良朝幸(舞台)

がわたし的にわかりやすいんですけど、これ伝わる?(笑)

 

斗真もとっきどき舞台出るけど、やっぱドラマ映画メインになっちゃうよね。っていうことはほぼ現場と呼ばれるものが存在しない。強いて言うと舞台挨拶等のイベント?テレビでいつでも?会えるタイプ。現場がほぼなくて、これはこれで切ないけども。

風間くんになると年1でコンスタントに舞台があるタイプ。年1だと他のグループとさして変わらない頻度で会える。むしろそれ以上に会える、かもしれない。そして静かにドラマに出続ける、ナイス脇役。今クールなんて予告なしサプライズ登場。しかもいろいろ素敵な優男役(3/12 21:00時点)。相手よか背が低かったような気がするなんて…気のせいっ☆☆☆←なんてったって風間ぽん自体がお手頃エセアイドルだから(褒めてる)。

そして舞台班屋良っち。彼は1年のほとんどを舞台の上で過ごしている、気がする。TVに出ることはほとんどないと言ってもいい。(だからこそ来週の少クラプレミアム…)つまり屋良っちの姿を見るには、現場に行くしか選択肢が残っていない。

 

風間ぽんと屋良っちの舞台の大きな違いはメインとする場が

風間ぽん→外部

屋良っち→ジャニ

というところにあると思う。

風間ぽんの外部もまぁ地球ゴージャスとかジャニと同じレベルでチケット取るの大変な舞台もあるけど(笑)、そもそもジャニ枠で先行が存在しないことが主で逆にちゃんとPG情報とかはっとけばチケが取れないことは少ない。主演のこともあれば脇役のこともある。ACTシアターのような大きいところから本多劇場のようなことろまで幅広い。(素敵かーー!!)

対照的な屋良さま。出る舞台がPZとかSHOCKとか日本一チケットが取れないと言われる舞台ばかりという現実。つらい。翼くんとか光一さんとかに必要にされてる、この舞台に必要だと思われる屋良朝幸すごすぎなんだけど、ちょっと待て。屋良朝幸にFCないから。(メール会員でチケット取れる間はよいのだけれど、いかんせん当落がすぐにわからないのつらい。)好きなタレント欄に、屋良朝幸って書かせてくれ。

だからこそ主演舞台があるのはとても嬉しい。まぁ屋良くんにハマってからまだ半年程度なので、そもそもこんな話するのもどうなのかという感じですが。まだそっちの方が滑り込む余地がある。実際に道化の瞳は急遽日程を変えたけどなんとかチケットはとれた。取れなかったらクリエに向かって代々木から土下座しようと本気で思ってた。(とりあえず来週の少クラ楽しみ……)

 

あと舞台と映像の違いはお金のかかり方である。切実な問題。

クリエという夢の詰まったあの会場で3時間楽しむために日々働いているような気すらしてくる昨今。コンサートのチケット代は安い方、ちりつも方式でチケット代のみで1ヶ月の手取りよさようなら。(これ以上は出さないと思いつつ去年より増額してしまいそうな予感。そもそも屋良っちハマる以前からそこそこの額がここらへんに流出しているから今さら好きな俳優が1人増えようが大した問題ではないんだけど、)ただそれをする価値があると思わせてしまう屋良朝幸罪な男すぎるから!!!!

 

まぁなにが言いたいかって、屋良っちを追いかけたくば茶の間なんてこと言ってられない。永遠の現場主義でいるしかないという現実に気がついてしまった次第。わたしの老後の茶の間計画…。屋良朝幸まじ罪な男…。好き。(結論)

 

そして大声で宣伝。

3月18日水曜日BSプレミアム

ザ少年倶楽部プレミアム

ゲストは屋良朝幸、風間俊介です!!!!(まさかの番宣記事だったオチ)