読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

「ジャニオタと顔ファンと面喰いについて~ジャニオタはイケメン好き?~」2

第三章 オタクにおける顔ファンとは

これも良く見かける顔ファンなんて本当の好きじゃない!」「顔ファン防止!」というやつ。正直そこの真偽や論争に顔をつっこむ気は無いんですけど、じゃあジャニオタにおける顔ファンとは?と考えたときにちょっと違うことを感じたわけです。というか自分を正当化するための章ですよ(開き直り)。顔ファンとは、「顔が好き」という出発点がある。もちろんそれはその人がかっこいいと感じたからであって。普通ならその対象がイケメンなのが大前提ですよね。非オタクがジャニーズやら若手俳優やらに沸くときとかは大体そうなのかと。別にこれが悪いことだとはこれっぽっちも思ってません。だってわたしなんて9割顔ファンみたいな沸き方しかしてないし。むしろ顔でファンを獲得できるなんてお前羨ましいな!!!!(そうじゃない人を頭の中に思い浮かべながら)

ではオタクにおける顔ファンとは。

かなり多くの種類のお顔を見てきたジャニオタのみなさんは大抵「自分好みの顔」が確立されている。王子様みたいな顔、タレ目、高い鼻、ぷっくり唇などなどなどなど。そしてそのポイントが押さえられていれば案外他はどうでもいい(もしくは気にならない)という人も多いと感じている。かく言う私がそうだ(詳しくは第四章)。だからB専とか言われるんだよな……(遠い目)。

そしてそのポイントに引っかかる対象を見つける嗅覚はとても優れているのがオタクである。ジャニオタさんなんて本当すごいんではないだろうか。デビュー組はもちろん、1人Jr.を見てしまったら芋づる式で小学生くらいまで下ることなるて容易である。そんなとんでもない量の男の子たちの中から自分的ポイントをついた1人(じゃないときもある)を見つけて「ねぇ、この子かっこいいよくない!?」まぁだいたい返ってくる答えは「えぇーそうかな」。…やっぱ私B専なのか…。いやここわたしが落ち込む為に書いてるんじゃないよ!!!危ない危ない。まぁいいや。

んで、ここで出会ったアイドルに関してはそのお写真が!というよりこの人のここが!という感じだから、顔ファン防止運動でよく貼られる変顔は役に立たないのではないかと考えるわけです。だって変顔してもタレ目なのは変わらないし、変顔してもその唇は隠せないよ?しかも元々ジャニオタの方は変顔なんて飽きるほど見てるし、そこはそもそも越えた状態というかスタートラインが違うところから顔ファンが始まってると思うんですよ。(注;あくまで一個人の主張)というオタクにおける顔ファンの考察。少なくともわたしは顔ファン防止で貼られた画像であっても「なにこれ!かわいい!」と言う自信はある。…なんていうか、顔ファン防止運動に発展するほどお顔で盛り上がる人にハマったことないからそんな経験したことないけど。あ、また墓穴掘った…。

 

第四章 事例検証~わたしの場合~

わたしの好きな顔の話は既にしてるのでさくっとおさらいします。

自担は関ジャニ∞丸山隆平くんです。そしてそこから屋良朝幸風間俊介でがっちり固めております。要は83年生まれで綺麗なトライアングルを描いていたんです、が。そこにしれっと食い込んできたのはジャニーズJr.安井謙太郎。ついこの間、わたしを例えるなら4面ダイスで振って出た面に簡単にデレる(たまに作為的な面の出し方有り)と言ったばかりなんですけどね。そんな4強を脅かす存在が出現しました。ふぉ~ゆ~福田悠太。もう自分がどこに向かってるのかわからない。

まるちゃんを自担にするまで半年くらい宙ぶらりんでエイターだったのですが、ライブと歌番組にやられました。つまり外見ではなく、歌っている姿から担当にしたいと思ったタイプです。だって外見で選ぶなら大倉みたいなイケメンが手っ取り早いのに、それでも大倉担になろうと思わなかったってことは自分のツボの顔ではないということなんです。これがジャニオタ。(もちろん大倉はやっぱイケメンだと思ってるし、かっこいいと騒ぐことがある、それでも大倉担になりたい!と考えたことがなかったということ)そして、丸山担としてのエイターがスタートすると、あれ?まるちゃんかっこいい?ん?すごいかっこよく見えるな?いや、見えるんじゃなくてかっこいいんだよ!!!みたいな気づき。ちなみにポイントは薄い目元。二重+ほぼ一重な奥二重。最強だから(わたし調べ)。つまり自担に出会ってようやく自分の好みの顔に気づいたタイプです(遅い)。気づいたらわたしの好きな人、なんかみんな似たようなタイプのお顔だね!?ん!?そっかわたしのタイプこういうのだったのかー!(笑)(笑)

 

はいここから引っ張ってこられるのがジャニーズの薄い顔代表風間ぽんですね。オタクになる前からゆるっと好きだったけど、最近アクセル全開ぶんぶぶーんで好き具合加速中。だってこんなにも一重の目元が似合う童顔なんて!最高!…ん?童顔?はいここから安井きゅん登場~童顔&薄い目元。お写真によって二重まぶたにも一重まぶたにも見えるところがイイネ!!かわいいっ☆☆☆

つまり安井きゅんは完全に顔から入ってます。顔ファンです。(どん)少クラもガムシャラもほとんど見てないけど安井の画像をついつい見てしまう、顔ファン以外の何者でもありません。この前なんて少クラで運命girl歌ってた安井のウィンク可愛すぎて動画見せながら「ここ!やばい!かわいい!」って大声だしたら、引かれました、オタクに。…オタクに引かれた。このあたりで察してもらえると思うけどわたし好きポイントが地味すぎる。童顔男子て……。まじかよ。

 

そして、まるちゃんから伸びる線である優しさ滲み出る入浴剤顔(どんなだ)として最近キテるのがそう、福ちゃん!まじ入浴剤顔だよ、福ちゃん。優しさバスクリンであっためてよ。というように、二重まぶたなんだけどなんか印象薄めというかワンクッション置いてる優しいお顔なのがとても良い。これも顔ファンの一種ですね。書き忘れたけど顔ファンに簡単に落ちる方法は本人に生で会うことです。つまりわたしが福ちゃんのお顔を拝んだSHOCKがあるからいまこうなってるわけです。だってハット被って踊るところとたすき掛けかっこよかった………。福ちゃんも完全に顔で落ちたから顔ファンだよ。でも世間様に4人を見せて誰がイケメンだと思う?って聞いたら多分辰巳くんなんだと思う。だって綺麗だもん。

 

ここまで書いて屋良っちの名前出しそこねたんだけどさ、ここから書き始めたら多分もう1本記事起こした方が早いから、本当に簡潔に述べておきます。屋良っちは存在が奇跡だから、好みの顔とか関係ないから。(ここまでの考察全部無視。)