読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

ぬるっと企画その1【Hey!Say!JUMP】の好きなところ

他のグループだったらどこを応援したいか。もしもの話。

関ジャニ∞以外のデビュー組全13組(SMAPジャニーズWEST、NYCは除く)から選んでみよう企画(全14回予定)の第1回です(パチパチ)。

わたしが根をあげなければおそらく全グループ書きます。多分。がんばるけど…(予防線はりまくり)。とりあえず印象やらをつらつらと書いてみようかな~と。先に言っておきますがさすがに全グループ全楽曲を網羅してるはずもなく、興味の多い少ないと詳しいかそうでないかなどで分量も違うし、TVでの印象に頼るところも多いです。でもジャニーズの1つのグループを応援したい!って思うスタートラインってやっぱテレビからのことも多いから、そう意味で各グループのファンの方々には一般的な印象(ややオタク的視点多め)はこんなもんだなぁって思ってもらえれば幸いです!…とか言ってiPod見たら11組もの楽曲がしっかり入っていて白目。

 

記念すべき第1回は、タイトル通り

【Hey!Say!JUMP】

ということで。なんでおじゃんぷかと言いますと、Twitterで「どのグループから書いたらいいか」とつぶやいたら、フォロワーさんにおじゃんぷと言われたからです。そして最近わたしのTLおじゃんぷキテる。わたしみたいな誰でもいいクズ野郎じゃないちゃんとしたオタクさんにもおじゃんぷがキテる、!!!伊野尾革命!!!ギーク様!!!!

 

 ★わたしから見たHey!Say!JUMP

おじゃんぷちゃんは単純にパフォーマンスがすばらしいなぁと。ダンスね。9人のダンス。揃ってるし、キレキレだし(自担比)。不動のセンター山田涼介を持ってして完成するこのパフォーマンス。あまりジャニに興味のない方でも山田くんならわかる。グループにおいて絶対的センターというのが良いか悪いかは考え方によって違うので一概には言えないけど、9人という多い人数のグループの印象を残すためにはやはり必要となってくると思う。そのためには、山田>>>>>越えられない壁>>>>>他メンバー、という構図も戦略としてはありだと思う。(その壁がどんな壁かによってはさっさと取っ払った方が今後のためでもあるけどそこまでは外野が騒ぐことでもないかな、と。)その重圧を背負って立つ技量があるからこそ山田涼介がセンターであり年下組でありながらリーダーかのようにグループ引っ張っているのだ。

パフォーマンスに関してはおじゃんぷちゃんはなんとなくだけど韓流のアイドルグループに近いものがある気がする。多めの人数で揃ったダンスパフォーマンスとさわやかなアイドル性、(ほんとに全然知らないので言うのも申し訳ないけど)ちょっと少女時代(性別もこえちゃったごめん)とかを思い出すな、と。世間が抱くアイドル像ってやっぱりJUMPみたいなのじゃないか。それを武器にできるのは関西人担としてはすごく羨ましい(あ、やべ本音が…)。本人たちはもっとバラエティもできるようになりたいみたいだし、ヒルナンとかでも注目されてきてるけど、バラエティ力なんてぶっちゃけある程度年とってからでも鍛えられるから、大丈夫だよ(何が)。アイドル性は年とってから獲得できるものではないから、それをもともと武器にしてるのはやはり強みだと思う次第。

あと、最近急にメンバーカラーを押し出してき始めたのは、やはり個人を売り出したい大人の事情なのだろうか。兎にも角にも、振り当てられた色による印象て結構大きいイメージになるから、どうやって売り出したいのかがよく伝わってくるな~。ヒルナンコンビのありとめが黄・橙なのもなんか納得。それまでもぼんやり色があったりと固定しきってないような感じも若干残ってるので、ここからうまくその色がハマってくると信じてる!

 

★好きなシングルベスト3

そんなおじゃんぷの曲私的シングルベスト3を一応書いとく。なんでシングルかっていうと、他のシングルしか知らないグループと足並み揃えようかと思ったからで、カップリングでもアルバム曲でもよかったらおじゃんぷなんて3曲じゃ語りきれん。

1.ウィークエンダー(じゃんぷに降りたオタクでウィークエンダー堕ちが多いことでもわかるけど、ジャニーズ楽曲としてとても良曲だと思ってる。メロディが耳に残る、サビのフリがわかりやすい、山田の主演ドラマ主題歌という3拍子揃った良曲!)

2.Magic Power(おじゃんぷの明るくみんなのアイドル感が出ていてとても好き。これはアイドルにしか歌えない曲だから、だからこそ彼らが歌うことに意義がある)

3.Ride With Me(八乙女氏以外のラップパートの衝撃がすごかった覚え。オタクが震えてた。その中でも大ちゃんのラップはウィークエンダーへの布石だったのだな…)

という3曲を選ばせていただきました。全楽曲なら迷わずOh!アイドル!を推すけどな!うそ、ごめん他にもたくさん好きな曲はあります!

 

★担当にするなら

図々しことを承知で山田涼介くんを担当にしたい。(そもそもこんな記事を書いている時点で図々しさの極み)絶対的なセンターってまぶしすぎて避けてしまうんだけど、避けても逃げても彼の持つ見えない力に素直に落とされてみたい、と思ってしまった。ばばあだけど!ばばあだからこそ、彼が背負うエースとしての重圧とそれを感じさせない笑顔に無責任にわいて応援してみたい。何よりもその笑顔はすばらしい。smartのDVD初回盤に収録されているウィークエンダーのソロアングルを見て、彼はライトが当たっていなくても美しいし、伊野尾がちょけたときについ笑ってしまうアレがアレですごく好きだと思った。

 

 

以上私がおじゃんぷについて真剣に考えてみた結果でした。

次回がいつになるのか正直わかりません。

 

というか次回があるのかも正直わかりません。(初回の〆がこれ)