読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

関ジャニ∞のラブソング8選

 
関ジャニ∞のラブソング8選
はてなブログ界隈をふらふらしていたら出会いましたので、一つ書かせていただきました。
こういう出会いがあるのが、おもしろい。

 

say8888888.hatenablog.com

 

 
ローリングコースター
(作詞:田中秀典、作曲:野間康介)
関ジャニ∞と言えば片思い+関ジャニ∞と言えばバンド=ローリングコースター
っていう方程式です。7人の声の個性が生きるから単純に楽曲としても好きです。
ふりまわされちゃう系の曲が多いエイトさん、健気だよね…。知ってたけど、結構ひどいこと言われてるね(笑)
でも、敵わない相手に振り回される姿をこんなにポップに歌われたら応援したくなる。そんな振り回されても楽しそうに相手を追っかける姿になんだかときめきすら覚える。不思議。
あと全部いいところを亮ちゃんが持っていってるのは、この曲のドンマイ男子を錦戸さんに重ねずにはいられなくなるんですが、わざとですか???意図せずにだったらやっぱり錦戸さん家の亮ちゃんドンマイ男子代表。かわいい。
 そういう歌詞と歌割とバンドと楽しそうな姿の組み合わせが相乗効果で選びました。
 
クジラとペンギン
(作詞:田中秀典、作曲:野間康介)
自担曲では最強(だと思ってる)歌い出しだけで、十分すぎるほどの価値。
ある意味出だしにこの曲の全てが詰まってると熱く語りたい。
 
結ばれない恋だけど ずっと愛してる
それでもいい 
 
結ばれない恋だって ずっと愛してる
live with you
 
素敵か。でも気になるのが、
結ばれない『恋』・ずっと『愛』してる
っていうところで。恋なのか愛なのか。実らないと分かっても想う恋は、愛に昇華されているのかな。深いな~深海の世界だな~って沈んで行きたい(どんな願望)。ここだけじゃなくて、クジラとペンギンの例え諸々なんかたくさん解釈できる曲で可能性が広い曲ですよね〜。
 
マイナス100度の恋
(作詞・作曲:コダマックス)
個人的な思い入れとして、これは避けては通れない。こんなグズグズな男願い下げだ!と言いたくなるよね。最初から最後まで女々しい男の歌でもはやいっそ清々しい。そんな未練ソングの最高峰だと思ってる(超個人的見解)
とりあえずですね、
 
女々しいと笑われそうだけれど
あれからずっと
愛し続けてた

女々しいと笑われそうだけれど
あのままずっと
愛しちゃったままさ
 
丸山ソロでこの変化球を放り込まれて丸山担にならない選択肢はあるのか。愛し『ちゃった』ままさって!こんな変化球受け止められるかっつーの。もう降参。
なんか聴くだけで泣きたくなるような切ない気持ちがせり上がってくるような。丸山くんの歌い方もそういう心情を描きやすくて。1回でいいから丸山さんに一人で歌わせてみたい楽曲。
 
エネルギー
(作詞・作曲:micro+grande)
最高にかわいい遠恋ソング(だと勝手に思ってる)。
 
”恋しい”と”愛しい”を描いた君のグラフィティ
”会いたい”と”会えない”のバランス
 
”もういいかい?””もういいよ”と 交わすだけですばらしい
 
会いたいよ 今すぐ会いたい
 
この対になって使われるのが、一人じゃなくて二人なんだなって感じさせるよね~。『君』に『会いたい』気持ちを歌ってる曲は他にもあるのに、こんなにきらきらしてて希望に満ち溢れてるなんて、まるでHey!Say!JUMPの楽曲のようだ…!!いいぞ!!となんだかガッツポーズしたくなる…なんでだ*1
あとこれ山田の声かわいすぎ案件。女子か。…ん?これ極端なことを言えば『僕』『私』しても歌詞の意味が通ると思うのですが、どうよ?エイトにしては女子が共感しやすい曲だなって思うのはこういう部分なのではないか。語感が悪いからメロディには乗らないけど、意味だけなら、どっちからの視線にもなりうる気がしている。
 
I to U
(作詞・作曲:藤田大吾
 関ジャニ∞の報われないラブソングって基本的に【そもそも付き合ってない】っていう一方的片想いが多いような気がするのですが、これは【付き合ってたころの思い出フラッシュバック】というパターンです。そいういう意味ではマイナス100度の恋も同じカテゴリーですね。マイナス~が振られた男のクリスマスなら、I to Uは結婚直前の彼女が死んじゃって一歩踏み出さなきゃな秋の夕方です。聴いてて、どんどん勝手な設定つけたくなるような曲。
歌詞を読めば読むほど、考えすぎて、結局どんな状況の歌なのかぐるぐる回ってわからなくなるんだけど、この歌って繰り返しが多用されてて曲自体が思い出が頭の中でぐるぐる回ってわかんなくなっちゃうってことなのかなって感じました。(無い脳みそフル回転させたけど、それ以上感想出てこなかった…)
 
CloveR
(作詞・作曲:GAKU)
意外と好きなのがこれ。シングルでそもそもラブソングって何曲あるんだ??と考えたけど、数えたらなんかアイドルとしてつらい結果を自分で導きそうだからやめた。個人的にアイドルソングって嫌いじゃないから「キラキラッ☆☆☆***」っていう効果音さえも楽しくなってくる(馬鹿にはしてない)。
私はそんなCloveRの2番の歌詞をゴリ推しする。
 
「クセになる甘さがいいなぁ 恋愛の隠し味」
試行錯誤繰り返す まだ不完全レシピ
男女価値観違う前提 面白おかしく分かり合える
 
ここを歌ってるのが丸山→村上→横山という事実に頭ぶんぶんしたくなるほど萌える。丸山くんがこういうかわいい歌い方するの結構好きな民。でもある意味丸山くんの歌詞はしっくりくる。「あぁまるちゃん似合いそうな歌詞だよね〜」って。問題はそこから。こんな可愛らしい歌詞をヨコヒナが。かわいいヨコヒナが歌ってるCloveR、2番を生で見たかった!!!!(ここにきてニズムへの不満)あと衣装も根に持ってるからな!!!!!(あれはあれでかわいかったけど…なんかチガウ感…)
歌詞について言えば、珍しく男女が【分かり合える】前提にしてる曲でそれも微笑ましくなってくる。ニヤニヤしちゃう。
 
青春ノスタルジー
(作詞・作曲:Skoop On Somebody
スバラジで解禁した時は本当にひたすらリピートしていたくらいには気に入っている。ハモリ職人がものすごく仕事してる曲、という点もポイントが個人的に高い。本気だしたハモリかっこいいよ…自担が最高に職人。みんながしっかり他を聴いて渋谷さんの声を立てている感じもとても好きである。すばる曲だよな~!!!最高だな~!!
 
好きじゃ足りなくて
もっと困らせたくて
わざと長めのキスをした
 
あぁ、いい。ここをすばるソロで聴かせてくれてありがとう。ここだけ書き抜くと女性目線なのかと錯覚しそうになるのが、男の女々しさを感じさせますね!?関ジャニ∞の女々しい男シリーズ。面白い。
んでもって最後どうなったのさ?結局?それは本人たちにしかわからない、というこの感じがまたいい。ちなみに私は1度離れ離れになって、何年後かに再会して、結果くっつくって予想してる。
 
純情恋花火
(作詞・作曲:平義隆
 これはみんな好きでしょう?夏曲プレイリストの最後を飾るのはこの曲しかないくらい、晩夏の宵の景色が脳内に広がる。あぁ素敵。十祭カムバック…
 
制服じゃ目立たないあの娘
教室じゃ目立たない僕も
 
おっさんが歌う高校時代の儚い思い出が切なさ倍増してる。そっか『今』の話じゃなくて『あの頃』の話なんだ。そう思ったら、浴衣で『あの頃』を思い出しながら歌う姿やばい。彼女と夏祭り来たら花火の音で昔思い出して、元カノに想いをはせてる系の曲に聴こえてきた。あ、それダメじゃん。
あとはまあなんというか、
 
好きです、好きなんです
 
って歌ってる山田にまとめて抱きつきたいよね。(でも友人にはカラオケで「ヒル!ヒル!ヒルナンデス!!」って毎回上から被せられる。これ一回ハマったら抜けないから要注意)
 
 
 
もちろんポップでキャッチーな元気ソングも好きですが、しっかりと聴かせる大人のラブソングを歌ってくれる彼らも好きなので、できることならそれを生で聴きたい。だからニズムはなんだか不完全燃焼だったんですけど、聴けば聴くほど良い曲あるのにもったいないな~っていうとろこからのモヤモヤだったわけで。
なんならそういうコンセプトを持ってライブでもアルバムでもなんでもいいから1回やってほしい。コンセプトごとにミニアルバム作ってみてほしい。そして私のモヤモヤを吹っ飛ばしてくれたら嬉しいんですが。どうですか…星空に願い事したいロマンチック夢気分だけど七夕すぎちゃったよ(今更)。

 
せい様、ブログネタ快く使わせていただきありがとうございました。この場を借りてお礼をさせていただきます!


 

*1:本当に数少ない『失』を感じさせないラブソングだと思う…彼らだいたいラブソング歌うとなんか失ってる気がする…