読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

2015年10月15日が記念日になった~其の213とユリゲラー~

 

俳優デビューというのは基準が難しい。だから、風間俊介も屋良朝幸もいつまでたってもジャニーズwebのブログはジャニーズJr.だ*2。

ユニットは足枷か - くじらとぺんぎん日記

 

以前こんな記事を書きました。

 

ついに。

 

おめでとうございますありがとうございますをいくら言っても足りないくらい。記念日になりました。

 

16日早朝、ぼけらーっとTwitterを開いた

「webがリニューアルされてるらしい」

「ほう、とりあえず見てみるか」

「へぇトップページにも更新情報出るんだ〜」

 

…いつもと様子が違う。リニューアルはもちろんなんですけど、宇宙服を来た人たちも変なんだけど。そうではなく、ニラカナ*1のアイコンを押して出てきたのは屋良くんのピンのアー写。そのページをスクロールしてニラカナのページの入り口。

「…ん?」

「ページトップに屋良朝幸って書いてある?」

「ちょっと待て」

ニラカナの本文を読まずにトップ画面に戻る(混乱)。

 

珍しく本日かぜ気味*2が更新されている?同じようにポチる。さっきと同じように風間俊介のページらしきものに飛ぶ。風間氏のアー写盛れてるなぁ。そして本日かぜ気味を読む。なんとなく察する。

 

もう一度ニラカナに戻って本文を読む。

屋良朝幸のサイトが独立

完全に理解する。

 

 

おめでとうございまああああっす!!!!!!!!!!

 朝から嬉しい悲鳴でした(AM6:00)。同時に佐野瑞樹さん、長谷川純くんも単独ページへ。正直、内くんや優馬が単独ページなのにってもどかしく思ってたんです。優馬はCD出してるけど、内くんのソロ活動と屋良くんたちの何が違うんだろうって(すみません、新規の戯言だと思ってください)。

このリニューアルに伴い様々なところで「Jr.卒業!」って言われてましたが、そんなこと正直どうでもいいんです(いやよくないけど…)。Jr.だろうがJr.じゃなかろうが。彼らは今まで通りに彼らにしかできないものを届けてくれると思うから。極端な話、なんなら事務所を抜けても仕事を変わらずがんばってくれるなら、彼らの所属事務所はどうでもいいんです。俳優班はそれでも食べていける人たちばかりだから。そう信じている。それでも嬉しい。やっぱり嬉しいんです。彼らにとってもだし、後輩にとっても。

 

 

そもそも斗真のレベルで俳優を認めてもらうのは並大抵のことじゃない。斗真だからできたことなんだろうな、と第三者のどんくさい一般人から見てもわかる事実。斗真が開いてくれた道ではあるけど、すごくかっこいい道ではあるけども、俳優デビューを目指すリスクはCDデビューを目指すより格段に高い。それを目指して中途半端に消されていくJr. は見たくない

ユニットは足枷か - くじらとぺんぎん日記

 

同じ記事の中でこんなことも書きました。

そこには斗真はドラマと映画という大きなメディアで成功した、というところも大きいと思ってたから。舞台ももちろんやるけど、舞台班としてではないから。舞台班として俳優業を認められるのはこの事務所では難しいんだろうなってぼんやり思ってた。だから屋良くんや佐野さん、はせじゅん(ここでも例外風間ぽん…)がこういう形になったのが本当に嬉しい。舞台班で頑張る後輩たちの一つの指標になったと思う。必ずしも同じ形にならないけど、でも、またひとつ可能性が増えたんだよって頑張る後輩たちに教えてあげてほしい。続けてきたことがひとつの形になったんだよって。

だからこそ、まだまだこの事務所にいてほしい。そして新しいことにたくさんチャレンジしてほしい。

 

まぁ一応Jr.は卒業ってことになるんでしょうか?定義がないので、こっちの気持ちの問題なだけかもしれません。たかがサイトの1ページ。されどサイトの1ページ。彼らにとってはそんなこと大したことじゃないのかもしれない。

 

 

 

…でも山下智久生田斗真風間俊介、長谷川純*3の名前が個人名で並ぶのを見たら事務所新規な私でも感慨深くなるんだから、この事務所のタレントはすごい。

 

 

*1:ジャニーズウェブ連載「ニライカナイの風」屋良朝幸

*2:ジャニーズウェブ連載「本日かぜ気味」風間俊介

*3:ジャニーズJr.ユニットFour Tops。NEWSの結成により解散