くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

母がジャニオタに近づいてきた気がする話

最近私の母が心配である。

 

ちなみに私の母はそこそこしっかり中年のけっこうテレビ好きで、SMAPKAT-TUNまではメンバー全員わかるし、JUMPは6人はそらで言えてヒントを出せば8人までは名前はわかって、えびで一番最初に認識したのはとっつーで、JUMP以降はちょこっとわかる程度のジャニーズ知識。え、十分だって??

 

まぁそんな母がタイトル通りなんか将来的にオタクになりそうな予感がしている。

もちろん、そう言うにはきちんと理由がある。

 

その1。

毎週木曜日20時からNH〇で放送中の「ぼんくら2」

わたしは風間くんと屋良くんがとても好きなので、今シーズンは初回からチェックしていた。そうは言っても風間くんは正直テレビでわりとさくさく会えるタイプなので、シーズン1のときはわざわざ見てなかったのだけれど。放送開始前からまことしやかに囁かれていた「屋良朝幸〇年ぶりのTVドラマ出演」を耳にして、これは見ないわけにいかない!見逃すわけにはいかない!と時代劇なのをいいことに親の前でテレビを占領してむふむふ見ていた。

だがしかし、あんだけ気合が入っていたのにも関わらず仕事のおかけで、屋良っち出演回の3、4話を見逃した。録画はしてあったものの、消化できないまま11月19日の第5話の放送日になってしまった。その日はなぜか無駄に仕事もちゃんと終わり家にいた。悩んだけど、せっかくならちゃんと見てからにしたいな、と見ないつもりだった。

そして、20時になった瞬間「あ、ぼんくら!!屋良くん!屋良くん出る!」と言って三代目がキレキレで踊っているテレビを一瞬にして時代劇のナレーションに変えた。

犯人は、母である。

 

私「わたし前回と、前々回見れてないんだけど…」

「いいの!屋良くんが出てることが大切!!」

私「……おう」

 

 

 ちなみに今週は先週より出番が多くてちゃんとセリフもあった。そこを見たかったらしく、皿洗いしながら「出たら教えて!!!」と台所から命令された。…うぃっす。

 

 

その2。

私の母は年相応にN〇Kが好きだ。結構好きだ。おそらく一番好きな番組は「鶴瓶の家族に乾杯*1である。夕飯の片付けさえ後回しになるほど欠かさない。

そんな立派な中年の母親は例に漏れず朝ドラも見ている。そして勝手にその日の朝ドラのあらすじや感想を教えてくれる。だから私は朝ドラを見てなくてもあさが大人になっても相撲をとったりするおてんばさんなことも知ってる。見てないのに。そして、

 

先週「(次週の予告を見て)来週から桐山くん出るらしいよ!」

今週の木曜日「今日から桐山くん出てたみたいなんだけど、忙しくて見れなかったから、23時からBSで見る」

 

…確かにあさが来たに桐山くんが出ることは私が教えた。

しばらく前に。

1回だけ。

だがしかし、名前も役もばっちり覚えていた上に、なんでか知らないが顔まで認識した上で報告してきた。しかも自分からBS見ることなんて日常ほとんどないのに、こういうところで活用してきた。1日に4回も放送する意義は確かにあるよ〇HKさん。

 

 

 

 

何が心配かはもうお分かりだと思う。これまで私がジャニーズを見ていたら一緒に見たりはするレベルで受動的に摂取してくれていた。あくまで受動的に。娘としてはジャニーズにハマることを否定しないでいてくれるのはとても助かる。しかし、母親にオタクになってほしいわけじゃない。いや、別にいいんだけど。

とにかく、これまで受動的であったものが、かなり能動的になってきたのである。

 

「屋良くんが出てるから」見る、「桐山くんが出てるから」見逃して悔しい、

…身に覚えがありすぎて震えている。人の振り見て我が振り直せ*2、ですね。

 

 

 

 

*1:私も勝手に毎週見ることになり、結果好きな番組になっている。旅番組なのに、毎回雨が降ってて、雨男の鶴瓶師匠がかわいい。

*2:直す気はあまりないけども