くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

元気出たと言われれば元気出たよね。

関ジャニ∞の元気が出るライブ!!

 

大好きだと叫び、もっとこうしろよと嘆き、結果まぁ元気に帰路についたわけです。

あんまりおもしろい事かけないけど、とりあえず東京の感想です。今のところ東京以外入る予定がないので、まとめのつもりで。とか言って名古屋の最終の新幹線の時間調べる手はとまる気配を見せない。だれか叱って。 

 

以下感想文(ネタバレ含)

まず、友人が一言

「今回はお金も時間もなかったライブだと思えば飲み込める」

…うぃっす。

 

①セトリ

エイトのライブのオープニングって最高に盛り上がる選曲してくれるから大好きなんですけど、今回は

「……おぅ……」

って一瞬ペンラ降ろしかけた。かっこいいし、ライブ映えすると思うし、曲として嫌いではないけども、あの衣装でオープニングにやる曲に至った経緯を知りたい。なにゆえ……。その悶々とした気持ちを引っ張って前半が個人的に不完全燃焼だったのは否めない(あくまでセトリの話)。キャンジャニちゃんから後半は大満足です。ハイスピからの勝手に仕上がれはペンラ置いてガンガン腕挙げたい。関ジャニ∞の生音の力を最大限に発揮してた。

強く強く強くがセトリ落ちしたのはまあテーマに沿わないという意味で致し方ないかと思いますが、今年発売のシングルを外すのはある意味冒険というか勇気がいったことかと思うのでそこは攻めたな~って勝手に思ってる。スペアキーも同様。でもナイナイアイラブユーは夏の恋人のあとに衣装そのままスタンドマイクで余裕でできたと信じてやまない。私の周りは好きな人多かったからこそセトリ落ちを悔やむ。仕方ないから、これも練習する時間がなかったんだなって飲み込むことにする。

 

…ただクリスマスイブ公演で君へのキャロルやったらコロス(聴きたかった)。

 

②ダンス

WASABIのダンスが屋良っちじゃない(絶望)*1

あれで屋良振付だったらむしろ驚きだからたぶん違います。もう1曲くらいダンス見たかったかなぁというのが正直なところですが、今回は自担が苦手なダンスでリーダーをとった曲もあるので大目に見よう… 。それにしても振付師が振付覚えてないとはなんてこった。「今まで振付を聞かれたことがない」そうだろうな!知ってる!!!意味わかんないっていじられまくってたフリもかわいかったよ!!(過保護)

 

③演出・セット

演出もかなりシンプルだったように思います。つーか特効使うとこ違うだろ!!妹分に水使ってるよ!!!そっち!?!?いや、いいけど!!!…みたいな。毎回、安子がカメラに抜かれるところで水被って見えないのどうにかしろ。花火も夏の恋人でバンバンやってたし。まるちゃん演出でお金使わせてもらえてよかったね…(違う)。

ステージはメンステ上のオブジェ少なくね?っていう印象が強くて寂しく見えたけど、まあどうせ本番中見るのは本人たちだしな。ただ、東京4日間にした代償がステージのさみしさだとしたら、なんとも世知辛い世の中…。サイドのリフターとか出番少なくてもったないって思ったけど、ムビステ使うとあれ以上は難しいっすね。

あとは、バクステで1曲まるまるやらなかったのはちょっと気になった。バクステ来ても途中からとか途中までとかで、バクステ付近のお客さんはさみしいのではないかと。全員が満足する演出なんてないから会場全体を巻き込む意味では割と頑張ってくれてたと思っている(ニズム比)。

 

そしてこれは言わせておくれ。

カメラ下手くそか!!!!!!!

びっくりしたわ。ソロパであんなにもカメラに抜かれないなんていう状況許されるのか。これは本人たちというよりスタッフなので、難しいところではあるが、今回へったくそすぎて違う意味でWASABIのソロパで膝から崩れた。あの象のカメラワークはどこへ行った…。

 

丸山隆平

自担さいこー!!!ふぉー!!!!と叫んで煽って泣いた。ビジュアルなんなの???は???JBの再来。丸山の他担狩り始まった。ちょっと長めの前髪とゆるパーマと耳かけ。ひーはー。元気ソングのソロパ聴くたびこの人の歌のうまさ世間にさっさと見つかれって思ってた。ひーはー。

そして。ベースな。ベース。

ベース持ってる丸山隆平ほど色気に溢れたものはない。三宅健が認めたから*2みなさん負けを認めましょう。「丸山!!!」ってすばるくんに煽られてからのベース。東京日曜に見せたベースソロでの笑顔、まじプライスレス。ひーはー。

 

 

まあなんつーか。

丸山担で良かった!!!!!

 

 

 ~まとめ~

文句もたくさんあるけど、文句つけるくらいのライブがちょうどいいと思ってる。だって完璧で否の打ち所のないライブなんて、逆に打ちのめされるだけで元気でないし。否定じゃなくて文句です。見せてくれたものだけじゃなくて、あれもやってほしい、これもやってほしいっていう貪欲なオタクにまだまだつき合ってください。

 

 

ちなみに一番元気の出た瞬間は木曜日、最後*3に隣の人と手をつなごうと「あっすいませ~ん」って右を見たら、友だちだった件。2時間半お互い一切気がつかなかった鈍感がふたり揃って大爆笑してたおかげで、その日の横山さんの煽りをまったく覚えていない。

 

 

 

*1:WASABIの作詞作曲がブリュレコンビだったため、振付も屋良朝幸にやって欲しかったという願望を捨てきれずに初日を迎えた

*2:ジャニーズweb連載『にこにこ健』その345

*3:横山くんが「最高に最強の関ジャニ∞!」と言ってみんなでつないだ手をあげる関ジャニ∞ライブお決まりの〆