くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

丸山担が選ぶ #自担大賞2016

 

丸子「ほんとに見たんだってば!マクベスのときの丸山さん、腹筋が綺麗に割れててかっこよかったんだから!!」

倉子「嘘に決まってるでしょ、あのワンパックが割れるわけないじゃない。ほら、正月太りしてさらに(略)」

こうして丸山さんのマクベス期腹筋割れてた案件は都市伝説と………

いやちょっと待って。これ事実だから。

このまま倉子に押し切られて丸子嘘つき呼ばわりされたらかわいそうだから!!!

 

なんともふざけたスタートで申し訳ありません、自担大賞2016です。

 

nuuuuuuun.hatenablog.com

 

大賞は一つに絞って書きたかったのですが、正直ベーシスト丸山さんに大賞をあげたい気持ちもかなりあり、迷いました。しかし2016年の丸山さんを語る上でやはりこれしかない、ということで。

 

丸山担である私の自担大賞2016は、

舞台「マクベス

です。

 

観劇後や丸山さんの誕生日にも更新したので、重複する部分もありますが、全体的にさらっと読んでいただければ幸いです。

 

【ことの始まり】

2016年3月17日更新のジャニーズweb連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」

今週末、ある報告が皆様のところに届く予定です

覚悟願いますm(__)m

 

全世界が震撼した「覚悟願います」発言。

すわ結婚か!?フライデーすらされたことのない彼が!?など邪推に邪推を重ね「まぁ本人がわざわざ予告するくらいだから、結婚でもなんでもいいや」と腹をくくっていたところに、

4年ぶりの主演舞台決定の知らせ。

…そっちかーーーい。

 

能天気な私でさえソワソワしてたので、TLの荒れようったら。丸山さんそれ見てニヤニヤしてたかと思うとまじ悪趣味。あの野郎。

 

それでもやはり嬉しいもので。直前の3月2日にツイッター

今年の5,6月のグローブ座もらうの誰かなぁ…。

という発言をしてたところだったので嬉しさも何割か増しで。

新規オタな私にとっては初めての自担舞台でした。しかもシェイクスピア。あえて2日前のレンジャーで言いたくなるくらいには丸山さんもワクワクしてたかと思うとなんか嬉しいなぁと。

静かにスイッチ入ったのはこちらの方でした。

 

  

【お芝居】

いきなり殺陣からはじまってびっくりしたのを覚えてます。あんなこともできるんですね。刀の触れる音も直接聞こえることで、さらに緊張感が増す冒頭。そんな中で動き回る丸山さんはもうマクベスのそれでした。

マクベスをやるには若い年齢であることは始まる前から話に出ていましたが、そこも上手くすり合わせていて、とても観やすかったです。若さゆえの焦燥感というか何かにせっつかれて生き急いでる感じでしょうか。

他の俳優さんがやられるとどっしり構えるようなところもまた違うように仕上がったんだろうと思うと、他の方の演じるマクベスが観てみたいなぁという気持ちにもなりました。直前にやってた野村萬斎さんの行きたかったんですけどねー。おっと脱線。

 

その中でも聞いたことのない丸山さんの声を聞けたのがとても嬉しかったです。

鈴木さん「丸山君が最初に読んだ時、「この台詞は言いたい!」と思ったのはどの言葉?

丸山さん「どこだろう…。バンクォーを殺すように、暗殺者たちに指示を出してるシーンですかね。」(中略)「普段の自分にはないから、やってみたいと思ったのかもしれないです。」

――マクベスパンフレット対談

私もここの丸山さんの声が一番印象に残っていて。

自分の印象的だったシーンと丸山さんが言いたいって思ったシーンが合致したこともとても嬉しかったんです。このシーンは普段テレビでもライブでも絶対聞けないような声をしていて。「こんな声も出せるのか…怖い」って感動してしまいました。良い意味の怖いです。ヤバイな…知らない丸山さんまだまだたくさんあったって。

 

夫人に向ける男のような子どものような眼差しや一つ一つ何かが崩れていくマクベス。声だけでじゃなくて、他の引き出しも知らない丸山さんばっかりでもういっぱいいっぱいでした…。自担なのにこれだけ驚くって私は何を見ていたんだろうなと思ったりするくらいに。

もっと引き出し持ってるんだろうなって思うと、ワクワクしかしないし、まだまだたくさん見たいなと思うので、丸山さんにそろそろ仕事ください。

 

【キスシーン】

あなたは自担のキスシーンを生で見たことはありますか?

そのキスシーンを直視(というかガン見)できますか?

 

答え?Yesに決まってるでしょう。(どや)

 

「キスシーンのとき手めっちゃ見てた」

「あーあそこさぁ」

「…キスシーンでキスじゃなくて手を見てたことに対して誰も突っ込まないとかある?」

2016年12月14日に栄の鳥貴族でおこなわれた会話の一部になります。こっからヒートアップしすぎた会話を全部載せたいんですけど、ここからは自粛で。知りたい人は直接お問い合わせください。

 

まぁそれくらい自担のキスシーンで盛り上がれるタイプにとってはありがたかったです。一瞬のかわいいちゅーとかだったらどんな感じだったか忘れちゃったとかあるかもしれないんですけど、一瞬じゃなかったし。観察する時間ありまくりだったし。

 

丸山さんエロかったです。(たぶんこれが自担大賞に選んだ最大の要因かもしれない)

 

【エロかったといえば】

劇中の衣装は軍服などが多かったのですが、その中で際立ったガウン姿。…の中に見える腹筋

舞台期間に向け自然と絞れた身体を惜しげも無く披露していただき、舞台中も後半の方が引き締まって綺麗な腹筋のラインが見えてました。

本当に綺麗だった。1ヶ月間の幻。

見た人にしかわかってもらえない都市伝説。

 

痩せたことが嬉しくてメンバーに自分の身体を触らせたりして気持ち悪がられてたのにも関わらず、千秋楽後「いえーい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」って秒で美味しいもの解禁してリバウンドする彼らしさを愛せるかで丸山担かがわかる。

この度正月太りにてプラスαで増量したので、やっぱりあれは幻だったんだな。丸子、ごめん、あれはやっぱり嘘なんだよ。倉子が正しいよ…。

ちなみに 『丸山 正月太り』で検索かけるといかに彼が甘やかされているかがわかるので、興味がある人はレッツ検索。

 

【役が走り出す】

「役が走り出す*1」のを実感したのは初日。

 

演出の鈴木裕美さんからの受け売りらしいですが、インタビューでこの言葉を出せる丸山さんのセンスがとても好きです。

丸山さんの言葉選びは読んでいてほっこりする、喋ったままを字起こししても自然体に読めるような優しさがある、と贔屓目たっぷりに思っています。マクベスを通してそういう丸山さんがたくさん見れたのも嬉しかった。本人もじっくりインタビューされるのも好きだしね。

そういう大事にしたい言葉が増えたのも嬉しかったマクベスでした。

 

 

【まあいろいろ書きましたが】

知らない、会ったことのない、丸山さんと出会えたのがマクベスだったなと。そいういう意味での感謝を込めて自担大賞を送ります。

まだまだ初めてのものに出会えることも知れて、まだまだワクワクする楽しみがたくさんあることも知った。

ありがとうマクベス、おやすみマクベス

 

*1:STAGE SQUARE vol.24では「役が走り出す」、vol.21では「馬が走り出す」となっているのですが、おそらく同一のものを指すかと思われます。