くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

丸山担が選ぶ #自担じゃない大賞2016

 

先日自担大賞をアップさせていただきましたが、本日は丸山担が選ぶ自担じゃない大賞やります。

nuuuuuuun.hatenablog.com

 

 

maru06.hatenablog.com

 

 

部門ごとに書いてたら半分くらい楽曲大賞みたいになってしまいました。ま、いっか。

 

【シングル部門】

Sexy Zone「よびすて」

この曲聴いたらセクゾ「ちゃん」なんて呼べないっ!呼ぶけど!

それくらい大人びた素敵な曲をしっかりと自分たちのものにして歌ってるなぁと感動してしまったのです。大人になったね、みんな…。クセになるあの演出…。あれを演出として成立させられるセクゾちゃんは超アイドルだ。いつもおいちゃんたちふざけちゃうからさ…。

 

【アルバム部門】

Sexy Zone「Welcome to Sexy Zone

シングルに続きセクゾちゃんです。これはぶっちぎりの選出。特に1曲目のインストで優勝が決まりました。おめでとうございます。インストで好きな関ジャニ∞「8uppers」と「元気の出るアルバム」High spritに並びました。これ私的には結構、かなり、すごいやつです。

アルバム全体の仕上がりももちろん、5年目の勢いがすごくあって「5人」のアルバムとして最高じゃないですか!?これを聴いたらコンサートが楽しみになること間違いなし!って感じの、ワクワクが詰まってるアルバム。実際曲のワクワク感をそのままコンサートに反映しててセクゾの強さが伝わってきた。

 

【ライブ部門】

KinKi Kids「We are KinKi Kids ~TSUYOSI &KOHICHI~」

すごい。

知ってたけど。すごい。

実はこのコンサートが初めてのキンキコンだったんですけど、ちょっと演出の多様さに言葉がついていかなかった。先日のNHKのSONGSスピンオフで光一くんが「音楽を可視化する」って言ってたけど、キンキは表現したい全てを様々なところから五感全部にぶち込んでくるんだなぁと。

終わったあとあれもこれもすごいって全部言いたかった。でも五感フルに使って訴えられたものを表現するのに、言葉だけじゃ足りないから、結局みんなとりあえずキンキコン行けばいいと思う。

一番感動したのはステージの装置諸々ですかね。めっちゃお金かかってる装置ばっかりだと思うんです。スクリーンも絶対他のグループよりいいやつ使ってるでしょ!?照明も、リフターも…っていうくらい違った。両サイドにある曲線のスクリーンは本人たちが上に乗ったり、上から下へ文字が流れたり、と夢ありすぎ。他のグループでも見たいけど、正直あれをキンキ以外が使いこなせるのかと聞かれたら…。それくらい感動してしまいました。

メンステのリフターも幾つかブロックに分かれていて、上下や左右で高さを変えられるという。kagiroiで暗転した次の瞬間、二人が上下に分かれて照明が赤青になっていて、鳥肌。変な声でた。

 

【TVパフォーマンス部門】

中山優馬「feeling me softly」

配信限定だったから正直TVで見るのは諦めてました。

そんな中での少クラ。うわーめっちゃ屋良くん振付!!!こういう曲でこんなガシガシ踊らせてくるのめっちゃ屋良くん!!!ってテンション上がりました。優馬いいよー、とってもいいよー。

しかもバックが美勇人、ひろき、モロ、寺西。全員分のマルチアングルとかありませんか?最高だな???って思ってたらMステ出演決定。

え、バックそのまま連れてきて!?と思わず言ったけどその日はサマステ公演日。トラジャ無理じゃーん。テレ朝すぐだからダッシュしちゃだめ?無理なら寺モロだけでもいいんだけど?あーでも4人の形があるから二人じゃなー。え、ていうか4人ならふぉ~ゆ~でよくね?あ、でも金曜日ゴゴスマだわ。

 

いろいろ考えて結果がでないまま鳥貴族にお金の落としてたら、TLで自分の名前呼ばれてました『ふぉゆでてるよ!んぬさん見てないの!?』的な。待て待て待て。

家帰ってとりあえずTVの前で体育座りで微動だにせず1曲再生しました。そしてその場で3回くらい見てからの最初の感想が『辰越が優馬に触れるところで地球割れなかった?』でした。

なんでみんなそんな平気な顔してられるの???顔が見えないのに地球割れるふぉゆって何者???マジ無理尊い。ふぉ~ゆ~ま尊い。


 

ダンス部門】

A.B.C-Z「Fly a Flag」

えび担じゃないのに少クラ録画連続で10回再生させたり、えび担じゃないのに遠征で大阪に行った大馬鹿野郎はわたしです。

SLTが始まる前からFaFが屋良くん振付ということは雑誌で言われてて、見たい気持ちはあったんです。なら東京(関東民なので)で行けばよかったんですけど、私の夏のスケジュール7/30関ジャニ∞8/6キスマイ8/13関ジャニ∞8/14JUMP。 アホかよ。

キスマイとJUMPのアルバム聴くので精一杯。でもコンサート入るならアルバムはちゃんと聴きたい。えびのバックがもしかしたらちょっと贔屓にしてるLove-tuneかもしれない。いやでも前後のライブのありがたみがなくなるのも嫌だ。と、8月の代々木は保留にしたんです。

蓋をあけてみると、代々木でバックはLove-tuneFaFにもつく、FaFの始まりのスクリーンに出されるコレオグラファーの名前、そもそもダンスかっこいい。極めつけは少クラで披露されたFaFでした。この際行ってやろうじゃないか!と一路大阪へ。

 

初めてのえびコンコスパ良すぎてめっちゃ楽しかったです!!!!あれもこれも観れてこんなお安くていいの!?ってワクワクしっぱなしで、終盤のFaFへ。

バックも観たかったけど今回はえびのために付けた振付だからえびを追ってしまいました。バックで覚えてるのは移動距離と時間が見合ってなくて一番外側とかは短距離ダッシュみたいになってたことです。ヤラチェ先生鬼畜。

えびもこれでもかってくらい踊ってて、1秒たりとも無駄な時間はなくて。とりあえず全部かっこいいな!?最後床から蹴り上げて立つところ(語彙力)かっこよくて、そこをぶれずに決めるえびさんがかっこよくて。

カウコンでもFaF踊ってくれてただでさえ双眼鏡でガン見してたところに、青ジャケットの屋良くんが。『えぇぇぇ無理屋良くんきたヤバイバイバイって周りとの温度差ガン無視で奇声を発してたのは私です。はい。墓。

 

 

Hey! Say! JUMP有岡大貴「My Girl」

大好きなありやまコンビでのユニット曲!!!しかもそれを生で見れるなんて!!!嬉しい!!!私の大好きな涼介は金髪かな?うふふふふふ(略)(…すみません、刺さないで。)

って意気揚々と横アリに乗り込んだ8月。一応見た。金髪で麗しい山田さんを見た。

ただ山田さんが霞むくらいハマっていたのが有岡さんでした。

二人とも良かったんですよ!バクステ側の席だったのもあって双眼鏡で二人がうまいこと収まってくれたので、ずっと見野鳥の会してたんですけど。どうしても意識が有岡さんに…。山田さんは良くも悪くも自分の世界がしっかりあるから、踊ってても山田さんの世界なのかな。自分の中に振付取り込みすぎっていうか。その点有岡さんはうまいこと振付の持つ世界観に寄り添えるというか、ある意味すごく忠実に踊ってくれているのかな~なんて。細かいことわからないし、一度しか見てないんで余計なこと言えないけど、とりあえずDVDはよ。

 

【MV部門】

千賀健永「Get Ready」

まるっと千賀さんのやりたいことが詰まってて、めっちゃかっこいい。たかがアルバムのソロ曲に後ろにシッキン従えて全編ダンスMVってやばくない???お金のあるレーベルうらやましい!!!えいべっくす!!!たかがアルバムのソロ曲に MVつけられるのすごくない????うらやましい!!!!!いいな!!!!!!

しかも千ちゃんがファンの子はかっこいいキスマイもみたいでしょって言ってくれてて。なんてヲタク心のわかる子なの!!!(泣)すきです!!!!!(号泣)

MV本編もめっちゃ良くて、ある意味ジャニーズっぽくないMVだなあ。外で自分の好きなダンスを楽しそうに踊ってるのが伝わってきて、見ててもすごく気持ちがいい。自分の海沿いの道歩きながら踊りたくなったらとりあえずこの曲流せば踊れる気が…しません。それくらいノリたくなる曲ってことです。

 

【舞台部門】

寺西拓人「クロスハート」

2016年一番の収穫といっても過言ではない、寺西くんとの出会い。少クラとかでもいい感じに気になってて、クロスハートでようやく会えました!!

「冬の合言葉は【たくちゃんに抱かれたい】」

誰がどう見てもワルツで舞台から客席抱いてたよ、彼。多分帝劇でも客席まるっと抱くと思う。

 

程よい体格、リア恋にじみでる外見、色気のダダ漏れダンス。ライブverのとき通路降りでのダンスが寺西くんのすぐ近くで。斜め後ろから見る形だったけど、3mの距離で『好きです』って思わず声に出しそうになった。

 

越岡裕貴「縁~むかしなじみ~」

『和也と!!!結婚!!!!!(したい)』

当て書きであの役をこっしーにくれた演出の大森さんを仲人にして越岡裕貴こと和也と結婚するんだ私は。

何があれって田舎の公務員で、パチンコ好きで女好きで、クズみに溢れてるのに、お母さんの病気の治療費のために土地を手放す決心を人知れずしてるような長男なところ!!!!!!結婚!!!!

くだらなくてすみません。それくらいこっしーがツボだったんです。

あとこっしーのイケボが遺憾無く発揮されてました。回想シーンで「(一度なくなった祭りをもう一度)やるよ」って言ったところね。『抱いて』って思わず声に出そうになった。多分堪えた。多分。

 

 

以上が私の自担じゃない大賞です。

もっと書きたいこともあったし、入れたいものもあったんですけど、これ以上書いたら暴走しそうだったのでやめました。何を書こうとしたか知りたい人は私まで。ちなみに書くのがめんどくさくて落選したのはカルテット東京ドームヒカリノシズクでずっとリフターの手すりを掴んで離さなかった小山慶一郎さんです。

沢山たのしませてもらった2016年。2017年は厳選しつつ、現場を減らします発言をしたら、友人に秒で笑われました。以上です。