くじらとぺんぎん日記

すきなものについて語る場所になります。たのしかったことを詰め込みます。ゆるるとまるる。

大倉くんと丸山くん~丸山担から大倉くんへ~

 

こんばんは、今日も楽しい大倉くんと丸山くんのお時間です。

 

 

みなさーん!大倉くんと丸山くんは好きですかー!?!?

\好きー!!!/

はい、ありがとうございます。

 

 

 

昔、大倉くんのことが苦手だった丸山くん。

今は唯一丸山くんのギャグで笑ってくれる大倉くん。

演技のお仕事がないとツアー中でもブクブク太っちゃう大倉くんと丸山くん。

そんな2人が愛おしい。

 

 

 

そんな2人の好きなところを並べるだけの記事です。

生産性は、ありません。(どや)

 

 

 

 

 

クロニクルのいきなりドッヂでビジネス喧嘩が定番化してきた2人ですが、もともとはそんなことなくて、私の好きな大倉くんと丸山くんはライブ中にくっっっだらない会話でゲラゲラ笑ってる2人です。

なんの話してたかと思えば、「今日お酒飲もーって話してた」。そんな話せんでもいつも飲んでるだろが。

何やってるのかと思えば、エアでおかゆ作る。(亮ちゃんの「おかゆー!(高音)」とともに)

平和か。

 

 

相変わらず食べるのが好きな2人。いつしか横山くんはデブトリオから脱退してしまいましたが、それでも食べることをやめない2人が私は好きです。

あと2人とも食べるの好きなくせに2人っきりで食事行く気配がないところもめっちゃ好きです。だいたい丸山くんの一方通行。

 

 

バンドでは「調子が良いとこっち見るけど、悪いとあっち向いてる」って丸山くんの調子の良し悪しダダ漏れで、でもそんな丸山くんを感じ取りながらリズム支えてくれる大倉くんが最高に頼りになるうちのドラマーで。大倉くんと丸山くんはうちの自慢のリズム隊だよね。

とりあえず、みんなエイタメDVD収録の大山田のセッション見ようね。メトロックでもそんな場面がありますように。非ヲタの「関ジャニの大倉とベースの人よかったよね、名前わかんないけど」っていうツイート待ってます。

 

 

 そんな大倉くんに丸山くんはとっても支えられてます。なんでもかんでも笑ってくれるからって頼りっきりです。倉子がいないと不安な丸子そのまま。くだらない丸山くんのギャグに大きなお口あけて笑ってくれてありがとう。

 

 

大倉くんがつぎに挑む舞台に向けて、演出の鈴木裕美さんに「よく笑う男の子です。ちなみにドラマーです」って送る丸山くん。丸山くんの柔らかい優しさ爆発しててちょっとえづいたよね。(当時)31歳の成人男性を指して「男の子」て。

大倉くんならきっとできるよってなんだかんだ見守ってくれるのが丸山くん…だと信じてる。きっとるんるんでグローブ座行って差し入れ持ってくんだろうね。

 

 

あとさ、大倉くんと丸山くんって年が2つ違うんだけど、同い年みたいな雰囲気あるなぁって。細かく言うなら「同い年」というより「年の差を感じない」って感じなんだけど。丸山くんは誰の隣に立っても年の差を感じさせない空気があってそれが私はすごく好きなんだけど、大倉くんとはそれが割と顕著な気がしてる。

お互いニュートラルな関係。

これは山田でもほほえみでもなく、くらまるな空気。

 

 

 

 

 

 

とどのつまりなにが言いたいかって言うと、

大倉くん32歳のお誕生日おめでとうございます!いつもありがとう!!

これからも大きな口を開けてたくさん笑っててね!!丸山くんとしょーもない話で笑ってね!!!

 

 

 

 

…ほら、生産性なかっ(強制終了